>

車の売買に必要な書類、教えます!

売買時、業者に提示しなければならない書類

1つ目は「自動車検証書」です。
おなじみの車検証のことで、車に備えておく義務もあるので手元にあると思いますが、無い場合は陸運局で再発行してもらいましょう。

2つ目は「自賠責保険証明書」です。
自賠責保険の証明書も車検書と同じく車に備えておく義務があるので、車検証と同じところにあると思います。
無い場合は保険会社に再発行してもらいましょう。

3つ目は「自動車納税証明書」です。
自動車税を支払った時に渡される小さな証明書で、おそらく多くの人が車検証と一緒に保存しているのではないでしょうか、無い場合は自動車税務事務所に出向いて再発行してもらいましょう。

4つ目は「リサイクル券」です。
車の購入時に自動車リサイクル料金を預託していることを証明する書類で、これも車検証と一緒に保管されていると思います。
無い場合の再発行は自動車リサイクルシステムのサイトで再発行が可能です。

売買時、業者もしくは貴方が用意する書類

5つ目は「譲渡証明書」です。
車の所有権が業者に移ったことを証明する証明書で業者が用意してくれますが、こちらは記入する際に実印を押す必要があるので、実印は忘れないようにしましょう。

6つ目は「委任状」です。
売買の際の公的手続きを業者に行ってもらう際に用意する書類で、この書類も業者が用意してくれますが、実印が必要です。

7つ目は「印鑑登録証明書」です。
公的な証明書で譲渡証明書、委任状などに押した印鑑が実印であることを保証する証明書です。
市区町村の役場で発行してもらえますが、注意点として3か月以内に発行されたものが有効になるので注意してください。

8つ目は「住民票か、戸籍の附票もしくは住民票の除票か、戸籍謄本」です。
車購入時と売買時の住所が違う時に必要な書類です。
引っ越しが1度なら住民票、引っ越しが複数なら戸籍の附票もしくは住民票の除票、名字が変わっている場合は戸籍謄本が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る